2019年11月20日

朝礼ネタ:日本でも定着??アメリカ発、ブラックフライデーとは!


006E7A2A-9D46-47C9-AD3D-ACD8284FCA37.jpg


朝礼ネタ:日本でも定着??アメリカ発、ブラックフライデーとは!


先日、ネットニュースで大手ネット通販のAmazonがブラックフライデーのセールを行うという記事をみました。


日本では2015年頃からイオンやカインズなどがセールを行っており、ここ最近よく聞くようになりましたね。


ブラックフライデー??


って方も多いと思いますので簡単に説明すると


もともとはアメリカから世界中に広まったセールの文化で、11月第4木曜日の翌金曜日の日を指します。


(2019年であれば1129日金曜日がブラックフライデーにあたります)


アメリカではこの日をきっかけにクリスマス商戦が始まります。


というのもアメリカの11月第4木曜日はサンクスギビング・デイという祝日になっていて


次の日の金曜日に休暇をとることで、土日を含めた4連休にする人が多くみられるそうです。

この連休に小売業界が注目しセールを行うことが恒例の行事になっています。



セールはわかったけど、なぜブラック??


という声が聞こえてきそうですが、それは


この連休中は小売業で働く人たちや交通整理をする警察官たちにとっては、とても忙しく


その忙しさを「真っ暗な金曜日」という皮肉を込めた表現で言われたことが浸透したからだと言われています。

(お店が黒字になるからという説もあります)


もともとは否定的な表現で使われていたんですね。。。



日本でもゴールデンウィークやお盆、お正月と会社員として働く人たちの多くは休みの人が多いですが、その反面、小売業やサービス業などで働く人たちの悲鳴をよく耳にします。


業種上仕方がないことですが国民の祝日に国民が休めないことには少し違和感を感じることもあります。


コンビニなどでは日曜休業や時短営業などを容認する店舗も増えてきているそうですが

国民の行事を国民みんなでお祝い出来るような仕組みも必要なのではないかと思いました。


posted by 今日の朝礼ネタ at 22:14| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:近年増加中、冬季うつ病(冬うつ)とは。


14741788-2679-43F2-8B6A-C5BA218A8189.jpg

朝礼ネタ:近年増加中、冬季うつ病(冬うつ)とは


今年も早いものであと少しとなりました。

すっかり気温も下がり、本格的に冬到来の季節です。


ここ数年、この時期に発症することが多い、冬季うつ病(冬うつ)が話題になっています。


冬うつとは、季節の変化が原因となる季節性うつ病のひとつで


秋から冬に症状があらわれ、春先になると自然に回復していく傾向があります。


冬うつの原因は、太陽に当たる時間が少ない日照量不足であるといわれています。


成人後から発症することも多く、一度発症すると毎年繰り返すことが多いです。


一般的な症状として


・睡眠時間が長くなり、日中でも眠気がある。

・食欲が旺盛で、とくに甘いものや炭水化物が欲しくなる。

・気分が落ち込み、無気力となる。自己否定的になる。

・集中力が著しく低下し、日常の家事・仕事ができない。


が言われています。


対処法としては、バナナやカボチャ、チーズなどに含まれるトリプトファンという必須アミノ酸を多く摂取することが良いとされています。


しかし、一番良いのは朝早く起き、太陽を浴び、そっかりご飯を食べ、運動することだと思います。


この時期は風邪やインフルエンザなどの身体の不調に注意しがちですが、心の病は一度かかると治すのに時間を要します。


規則正しい生活をして、年末の忙しい時期を乗り越えましょう。


posted by 今日の朝礼ネタ at 20:11| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
記事リンク