2021年09月03日

朝礼ネタ:コロナによって発生するストレスとの向き合い方

D91E3605-8D57-4CFF-A970-91D7F5580A28.jpg

朝礼ネタ:コロナによって発生するストレスとの向き合い方


新型コロナウィルスが流行りはじめ、もう1年以上の月日が経ちました。

コロナの影響で私達の生活は大きく変わり、いわゆる自粛生活というものが続いている状態にあります。

自宅にいる時間が増えることにより、息抜きもまともにできずストレスも溜まっている方も多いかと思います。

気晴らしに外に出たとしても、どんな場所も営業時間が短くなっていたり、酷ければ潰れる店も増えていたり……中々暗い話が続いているのが現状です。

今のこの現状で気をつけなければいけないのは、「ストレスを一人で抱え込まないこと」です。

自分の思ったように動けない今のこの世の中では、誰にも相談せず、息抜きも出来ず、精神が蝕まれていくことが最も危険なことです。

インドアで何か息抜きが出来たりしているうちはまだいいですが、コロナという先が見えない不安と私達はずっと戦っていかなければなりません。

どんな些細なことでも、積み重なればそれは噴出して、良くない影響を自身に与えてしまいます。

そうしてストレスを貯めこまないために、誰かに相談したり、息抜きする方法を見つけたり、心の平穏を保つ行動をとることは逃げではありません。
ストレスと向き合っていくことが大切です。

今後も大変な状況が続くとは思います。

ですが協力し合って、これを乗り越えていけるように、「何でも1人で抱え込まないこと」、これを常に頭にいれて、公私ともに頑張っていただければと思います。

posted by 今日の朝礼ネタ at 18:06| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:11月11日 いい出会いの日-出会いの確率-

3216E34C-0EF1-4456-A463-08B50242603E.png

朝礼ネタ:11月11日 いい出会いの日-出会いの確率-

ところで人は人生の中でどのくらいの人と出会うのでしょうか。

考えたこともないですよね。

人生80年生きる計算で次のように言われています。

・何らかの接点を持つ人 30,000人

・同じ学校や職場、近所の人  3,000人

・親しく会話を持つ人 300人

・友人と呼べる人 30人

・親友と呼べる人 3人

地球上には約70億人もの人がいるのに、出会える人の数はそれくらいしかいないのです。

そして、それを確率で考えると

・何らかの接点を持つ人と出会う確率は24万分の1

・同じ学校や職場、近所の人と出会う確率は240万分の1

・親しく会話を持つ人と出会う確率は2千400万分の1

・友人と呼べる人と出会う確率は2億4000万分の1

・親友と呼べる人と出会う確率は24億分の1

この数字を聞いてどう思いますか。

人生の中で出会う人は、当たり前なんかではなく、奇跡に近い出会いなのです。

あなたの横にいる同僚も、気軽に何でも話せる友達も、いつも側にいる家族も

奇跡に近い確率で出会った人たちなんだと気付かされます。

仕事をしていると、お客様に気遣ったり、人間関係で嫌な思いをしたりと色々大変ですが、せっかく出会った人たちには、この思いを忘れずに感謝の気持ちを持って接していきたいです。

一期一会の精神をもって

ひとつひとつの出会いを大切に、そして優しく出逢う人に接していきたいと改めて思いました。
posted by 今日の朝礼ネタ at 10:28| Comment(0) | なんの日ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:今日も熱中症に注意し、安全作業で。


5728015C-B84F-4E6E-A031-D2B58299A1F5.png
朝礼ネタ:今日も熱中症に注意し、安全作業で。

おはようございます。

最近猛暑が続いてニュースでも熱中症で倒れる人が多くなってきました。

ここにいる皆さんも他人事ではなく、誰がいつ倒れるのかわからないので気をつけてください。

こまめに水分補給や塩分をとり、少しでも気分が悪くなったら早めに申し上げてください。

また周りにそういった人がいたら、一旦休憩をはさんでその後仕事が続けられそうかなど気遣いをお願いします。

力仕事はなるべく周りの人と協力して、手足腰など傷めないよう気をつけましょう。

こういった時こそ注意力が散漫になるので、1つのものに集中しすぎず周りをよく見て
今日も一日安全作業でよろしくお願いします。

posted by 今日の朝礼ネタ at 07:31| Comment(0) | 仕事スキルネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
記事リンク