2021年09月16日

朝礼ネタ:新型コロナウイルスのワクチンについて正しく理解しよう


B062EF72-C136-43C8-8D1D-ACE4B57E379F.png
朝礼ネタ:新型コロナウイルスのワクチンについて正しく理解しよう

本日は、新型コロナウイルスのワクチンについてお話しします。

そもそもワクチンとは何かということですが、言葉は知っていてもその本質を理解している人は少ないのではないでしょうか。

人の体には、免疫系という外部からの侵入者に対して、対抗するための機能が備わっています。

免疫系は、外部からコロナウイルスのような高分子の異物が侵入してくると、その異物に結合する、抗体と呼ばれている物質を作りだします。

抗体はその異物と結合することで、コロナウイルスなどが、体に影響しないように中和してしまいます。

コロナウイルスで使われているワクチンは、新しく開発されたワクチンで、メッセンジャーRNAワクチンと呼ばれているものが主流です。

このワクチンは、人の体内に入ると、コロナウイルスのスパイクと呼ばれている、ウイルスが人の細胞に結合するための蛋白質を合成します。

スパイクはコロナウイルスの体の一部なので、スパイク自体には毒性はありません。免疫系は、このスパイクに対する抗体を作り、着々とコロナの侵入に備えるわけです。

ワクチン接種を完了した状態、すなわち、スパイクに対する抗体が体内に一杯ある状態でコロナが侵入してきても、抗体がコロナのスパイクに一気に結合してしまうため、コロナは人の細胞に結合できず、感染のリスク、運悪く感染しても重症化のリスクが抑えられというわけです。

ワクチンに対する適正な情報をきちんと理解して、みなさんもワクチンの接種を積極的に受けて、自分自身、そして会社の仲間たちへの感染防止に、是非ご協力をお願いします。

posted by 今日の朝礼ネタ at 14:12| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:笑顔は伝染する


3B1C9109-0AE4-4668-A184-D45FB7E7AE52.png
朝礼ネタ:笑顔は伝染する

とある受付をしていた際、みんな受付に向かってくる時は真顔で、一見ムッとした表情をした人もいたけれど、こちらが笑顔で元気よく挨拶をすると笑顔で挨拶を返してくれたというエピソードをエッセイ漫画で目にしました。

自分が笑顔でいることで周りも笑顔にし、結果として自分も気持ちよく過ごす事ができるのだなと思いました。

ぼーっとしていたりすると、ムッとした表情になりがちですが少し表情を意識して皆んなが気持ちよく過ごせる環境を作りたいと思います。

気持ちが落ち込んでいたりすると考え方もどんどんマイナスな方向に行ってしまいますが、そんな時こそ笑顔で過ごしてプラスな方向に気持ちを向けていこうと思います。
posted by 今日の朝礼ネタ at 14:12| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:改めて新型コロナウイルスの注意喚起

81081560-6CB8-4FC1-A747-F88B6A22F228.png

朝礼ネタ:改めて新型コロナウイルスの注意喚起

皆さんもお分かりの通り、現在も引き続き毎日毎日全国に何万人とコロナにかかった人が出てます。

実際にもう自分のすぐ目の前までコロナが来ている事は確かです。

誰がいつどこで、どういった形でコロナウイルスをもらうかわからない状態になってます。

マスク、手洗いはもう今や常識になってます。それでもコロナウイルスは正直マスク、手洗いをしていてもうつる事が多いと言われています。

ここまで来ればもう自分ごとではないと思います。もし自分がうつったとしても、家族や自分の知り合い、身近な人にうつすわけにはいきませんし、今皆さんも十分に気を付けているとは思いますが、今以上にもっともっと気を付けてもらいたいと思います。

一人一人がしっかりコロナの事を理解した上で、これからもお仕事を頑張ってもらいたいので、皆さんのご協力をよろしくお願いします。

posted by 今日の朝礼ネタ at 07:54| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:10月12日 コロンブス・デー-コロンブスの卵-

EF8E3C7B-F255-48D0-BDAC-4A5FB2AF28BB.png


朝礼ネタ:10月12日 コロンブス・デー-コロンブスの卵-

おはようございます。

今日は1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見したことから、コロンブス・デーとよばれています。

コロンブスの卵という逸話を聞いたことがありますか?

アメリカの新大陸を発見し、帰還したコロンブスは王様から盛大なお祝いを受けます。

しかし、お祝いの席で、コロンブスの偉業に嫉妬した何人かの人が「西に行けば大陸があることはわかっていたんだから、誰でもできることだ」と言いました。

そこでコロンブスは近くにあった卵を手に取り、「この卵を立てられる人はいますか?」と問います。

みんな挑戦し、できない姿を見ると、彼は卵の先を割り、立てて見せました。

そんな方法だったら誰でも出来るだろうと憤る人々に、「人がやった後でやるのは簡単なことだ」と言い放ちます。

誰でも出来る事でも、一番最初に実行するのは困難、それには柔軟で、時には逆転の発想が必要であるということを説いたコロンブスにまつわる有名な逸話です。

この話を聞いてどう思うでしょうか。ネットを中心に中傷が日常茶飯事に飛び交う今、無責任に人を批判してはいないでしょうか。

なにかを初めて行うことだったり、重要な事項を決めることには必ず、それを反対する勢力がいます。

なんでも否定ばかりではなく、良い所はしっかりと褒めて、悪い所は正すという世の中になっていけばいいなと思いました。

posted by 今日の朝礼ネタ at 07:53| Comment(0) | なんの日ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
記事リンク