2021年11月06日

朝礼ネタ:コロナは新しい趣味や新たな発見を出来る良い機会


6A7B122B-FC03-4953-92E0-8BC7A88241BA.png
朝礼ネタ:コロナは新しい趣味や新たな発見を出来る良い機会

近年はコロナの影響もあり、外出する機会が減り在宅で過ごす影響もあり、今まで以上にゲーム、アニメ、漫画などにハマる人が続出しています。

その中でも今ブームになっているのが「ウマ娘」という作品です。

「ウマ娘」とはキャラクターは可愛らしい女の子ですが、キャラクターの名前が全て実在する競走馬の名前です。

その「ウマ娘」の人気の影響もあり。今まで競馬の「け」の字を聞いたことがなかった男女関わらず競馬に興味を持ち始めている人がたくさんいます。

このことからコロナ禍は決して悪いことばかりでなく私は新たな趣味の発見などに繋がると思います。

このコロナ禍で発見した新たな趣味が今後の人生において大切な趣味になる可能性も大いにあると思います。
悪いことからは良いことも学ぶことが出来ると私は思っています。
posted by 今日の朝礼ネタ at 08:01| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:意外と知られていないUNOのルールから学ぶ、仕事で忘れてはいけないこと

B4CD87CD-B989-4235-A28A-C5CAE7A8BE7E.png
朝礼ネタ:意外と知られていないUNOのルールから学ぶ、仕事で忘れてはいけないこと

おはようございます。

皆様はUNOをやったことがありますか?
おそらく大多数の人が一度はやったことがあるのではないのでしょうか。

UNOのルールとして、残り枚数が1枚になったら「UNO」と言わなければいけない。
これはおそらくやったことがある人ならば誰もが知っているルールですよね。

でも実は正式なルールでは、1枚に限らず、次のターンで上がれる状態であるのならば、
必ず「UNO」と言わなければならない。このルール、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

更にUNOにおいて相手の手札を増やし、好きな色を選ぶことができる、「ワイルド・ドロー4」のカード。

このカード、実は自分の手札に場のカードと同じ色のカードがない場合のみしか使えないのです。
今まで次の人の手札の枚数が少ないと見るや、意図的にこのカードを使って手札を増やそうとした経験、
もしくはされた経験、一度はありませんか?

このように、実は知られていない、ちゃんと把握されていないルールや決まりが
意外と身の回りにあったりするものです。

皆様は仕事をする時、きちんとクライアントの指示や資料、説明書、など把握しておかなければならない内容を、
ちゃんと隅々まで確認できていますか?

なんとなくで把握してしまっていたり、相手がそうやっているから自分もこれでいいや、みたいになっていませんか?

今一度、自分が担っている仕事の資料や、クライアントの指示、確認してみてはいかがでしょうか?

もしかすると、全く見落としていた部分があるかもしれません。

そうした見落としが大きなリスクに繋がることを肝に銘じて、今日も仕事に取り組んで参りましょう。
posted by 今日の朝礼ネタ at 08:01| Comment(0) | 雑学ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:収穫の秋といえば「新米」。では新人さんのことをなぜ、「新米」というようになったのでしょう?

11369663-98CB-486A-9924-D04EAE07D42F.png

朝礼ネタ:収穫の秋といえば「新米」。では新人さんのことをなぜ、「新米」というようになったのでしょう?

今年も早いもので季節は巡って秋到来。秋といえば食欲の秋であり、収穫の秋。日本ではお米が穫れる季節でもあります。

最近では、土地柄や農家の経営方針などがあって、8月末から9月はじめに稲刈りをしてしまうところもあるようですが、お米の収穫時期といえば、やはり「秋」ですね。

こうして秋に穫れたての新米を味わうことができるのは、日本の幸せかもしれません。

あのツヤツヤでホッカホカの炊きたてご飯、おかずが無くてもいいくらいに、とても美味しいですよね。
さて、その新米ですが、よく「新人」さんのことを「新米さん」などと呼ぶことありませんか。
だれでも社会に出たての頃は、ツヤツヤの炊きたてご飯みたいに新鮮なんです。

では、いったいなぜ「新米」と呼ぶのでしょうか。
これには諸説あって、定説はありませんが「お米」に関するものをご紹介しましょう。

まず「新人は何色にも染まっていないので、真っ白で、まるで収穫したて、炊きたてのお米やご飯のような様子だということに例えて新米と呼んだという説」です。

2つ目は「その昔、江戸時代に、江戸に仕事を求めて新人が集まるようになった頃のこと、お米も江戸に多く集まるようになって、庶民的な食べ物になったことから新人の人とお米の言葉をかけて、新米と呼んだという説」です。

いずれの説であっても、日本の主食である大切な「お米」と大切な「人」にまつわる言葉であることに間違いないようです。

さて、この秋だからこそ、収穫したての新米をたっぷりと楽しみながら、ご自分が新米だった頃のことや、部下となった、あるいは同僚となった「新米」さんのことに思いを馳せながら、味わってみてはいかがでしょう。

こうして、皆で秋を存分に楽しみましょう
posted by 今日の朝礼ネタ at 08:00| Comment(0) | 雑学ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
記事リンク