2021年11月16日

朝礼ネタ:生き残るためには何が必要?オオツノジカから学ぶ

EE965259-FAD7-40DC-A01B-F664D4F44ABE.png

朝礼ネタ:生き残るためには何が必要?オオツノジカから学ぶ

皆さんは、生き物が絶滅する確率をご存知でしょうか?一説によると、生き物は99.9%の確率で絶滅する、と言われています。

つまり、種としていつかは絶命してしまう運命は、ある意味避けて通れないというのが生物学上の考え方だそうです。

しかし、今私たち人間は絶滅せずに生きており、これから先も出来れば生きていきたいですよね。絶滅を回避するにはどうしたらいいか、かつて絶滅した生き物で、オオツノジカという鹿を例に考えてみたいと思います。

オオツノジカは、その名の通り角が大きく、オスは角が大きければ大きいほどメスからモテました。そのため角が大きい個体が繁栄していきましたが、結果として角が大きくなりすぎ、体中のカルシウムが角に取られて奪われていき、生存困難になったと言われています。

また角が大きすぎたため、木の枝に角がひっかかり、氷河期に森林の中を移動して逃げられなかったことも敗因のひとつだったそうです。

オオツノジカのように、角というひとつの部分だけを突出して極めていくと、痛い目に遭うことがあるのではないでしょうか。

人間も同じで、たとえ自分の中に人と比べて突出した長所があると自負していても、それだけで生き残ることは現実的ではありません。

人間と言う種がこれからも生き残っていくために、私たちも日々バランス感覚を意識しながら生きていきたいと思います。
posted by 今日の朝礼ネタ at 07:18| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝礼ネタ:秋はお米の美味しい季節

C08181E3-E65E-4B48-BAFD-ACC08294E894.png

朝礼ネタ:秋はお米の美味しい季節

日本人なら、秋はやはり「お米の収穫時期」というイメージが強いでしょう。 

我が家でも秋になると、「今年もお米の美味しい季節になってきたね!」と心を躍らせています。 

軟らかいご飯と、水量少なめの硬めに炊いたご飯は好みによりますが、私は、食感を口の中でいつまでも味わっていられる硬めのご飯が好きです。 

「硬めに炊いたご飯は、食後の消化によくない」と軟らかいご飯が好きな方に言われましたが、食べた実感が得られるのは、やはり硬めに炊いたご飯でしょう。 

現在は、外食チェーン店でも多く提供されるようになった硬めのご飯が、日本人の好みに合った主流の炊き方のようです。

そうは言っても、美味しく食べられるご飯の炊き方が1番です。 我が家でも、美味しく食べられるご飯の炊き方を模索しながら、美味しい秋の味覚をいつまでも家族と味わいたいものです。
posted by 今日の朝礼ネタ at 07:18| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
記事リンク