2022年08月05日

朝礼ネタ:コーヒーは生活の質を上げるために最適な飲み物

EB6B0DC2-2740-4387-8998-507F4AB67261.png

朝礼ネタ:コーヒーは生活の質を上げるために最適な飲み物


何かに集中して取り組みたい、リラックスしたい、そんなときにコーヒーを飲むことがあるでしょう。

コーヒーには、カフェインに加え、独特の色や香り、苦みの元となるポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールのクロロゲン酸は、カフェインより多く含まれ、体によい効果をもたらしています。

眠気に襲われるのは、神経の興奮を抑えるアデノシンが、脳内のアデノシン受容体と結合するためです。

カフェインがアデノシン受容体と結合し、アデノシンの働きを妨げてくれるため、コーヒーを飲むと眠気が覚める、頭が冴えるなどの覚醒作用が起こります。

胃酸の分泌や消化管の働きを促進し、消化吸収を助けてくれるカフェインは、食事中や食後に最適の飲み物です。

内臓や血管などの機能を調節する交感神経がカフェインによって刺激され、基礎代謝を促進し、生命の維持に最低限必要なカロリーを消費します。

1日の消費カロリーの約60%が消費される基礎代謝を上げることはダイエットに重要です。

加えて、炭水化物や脂質、たんぱく質などのカロリー源の中でも、脂質の代謝を促進してくれるカフェインは、ダイエットの味方になるでしょう。

活性酸素が増え過ぎると、免疫機能の低下や老化、動脈硬化、癌、皮膚のシミやしわの原因になります。

コーヒーには、活性酸素の働きを抑えたり、取り除いたりする抗酸化作用があるポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールのクロロゲン酸にある、膵臓にあるインスリンを分泌する細胞を守る働きや、体内で党の合成を抑える働きによって、糖尿病の予防ができます。

規則正しい生活習慣にコーヒーが加わると、糖尿病の予防効果がより高まります。

クロロゲン酸には、脂肪燃焼を促す作用があり、中でも内臓脂肪の減少が期待されているほか、脂肪酸の燃焼が促進された結果、肝臓に中性脂肪が溜まる脂肪肝の予防に繋がります。

コーヒーの効果を得るためには、飲み過ぎないことが大切です。

厚生労働省が発表している1日のカフェインの摂取量400mgに基づいたコーヒーの適量は1日4~5杯です。

カフェインの覚醒作用や利尿作用によって熟睡し難くなるため、就寝の4~6時間前までに飲むことをお勧めします。

カフェインやクロロゲン酸の過剰摂取に繋がり、健康や美容に悪影響を及ぼすリスクがあるため、飲み過ぎに注意し、コーヒーの効果が得られるよう適量を守りましょう。
posted by 今日の朝礼ネタ at 00:28| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
記事リンク