2024年04月03日

朝礼ネタ:いつも深い人、いつも浅い人

4B3C5F86-5E03-4DC6-BDB2-2D859A0C4F6F.png

朝礼ネタ:いつも深い人、いつも浅い人

斎藤孝さんのおことばです。いつもはなしが深い人は、本質をとらえていて古典力・引用力・エピソードがいえるようなしびれるような言葉、ひきつける力がある話かたであると言っていました。

なるほどとおもいます。反対にいつもはなしが浅い人は、つねに浅瀬を生きて気づかない人と言っていました。

自分で限りをつくって限りをつくってしまう人とも例えています。イキイキ・ワクワク背中にすばらしさがあるような話し方をする方はきまって自分たち周りの方々のココロを磨いてくれているようにみえます。本人も人格が磨かれているんです。

グッとくる一言・ちょうっとした事でも奥深く生きれる人間になりたいものです。
posted by 今日の朝礼ネタ at 07:35| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
記事リンク