【朝礼ネタこれ!】〜今日の朝礼ネタはこれ、スピーチに困ったら〜 > 朝礼ネタ:12月2日「明治5年の大晦日」-明治政府のどケチな戦略-

2019年11月23日

朝礼ネタ:12月2日「明治5年の大晦日」-明治政府のどケチな戦略-

DC51FF00-B889-4DA4-9976-4EE7DE7AB63E.png

朝礼ネタ:122日「明治5年の大晦日-明治政府のどケチな戦略-


明治5年のこの日、それまで採用していた太陰太陽暦から太陽暦に変わることで生じる大晦日となりました。


この太陽暦が採用された背景がとても興味深い話だったので少しご紹介します。


当時、廃藩置県により明治政府は財政状況がかなり圧迫していました。


というのも廃藩置県が行われた影響で今まで藩が行なっていた官吏の報酬を政府が支給しなければいけなくなったからです。


そして明治6年は閏年。

4年に一度閏年で1日多くなる現在の太陽暦とは異なり、太陰暦には閏月というものが存在し、1年が13ヶ月になる年があるのですがこれが大きな問題で


毎年12ヶ月分の給与を確保していた政府でしたが13ヶ月目の給与を捻出することが困難の状況に陥っておりました。


このままでは来年の1ヶ月分給与が払えなくなる。


と悩んでいた政府が

明治5年の119日に「太陰暦ヲ廃シ太陽暦ヲ頒行ス」という太政官布告によって、従来の太陰太陽暦を廃して、明治6年から太陽暦を採用するとしました。


そうすることで事実上1ヶ月分の給与の支払いが減り、しかも明治5年の12月は2日間しかない為、実質2ヶ月分の給与の支払いを逃れたのです。


現在の時代では考えられない政策でしたが

この判断がなければ今の太陽暦が使われていなかったかも知れないと考えるととても興味深い話だと思います。


あと1ヶ月で本当の大晦日を迎えます。

今年もあと少し、みんなで力を合わせて乗り越えましょう!

スポンサーリンク


posted by 今日の朝礼ネタ at 21:10| Comment(0) | なんの日ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
記事リンク