【朝礼ネタこれ!】〜今日の朝礼ネタはこれ、スピーチに困ったら〜 > 朝礼ネタ:年末に年越しそばを食べるわけ

2019年12月11日

朝礼ネタ:年末に年越しそばを食べるわけ


DE4AAB46-10D5-4731-AEA4-74BC2D3C049C.jpg

朝礼ネタ:年末に年越しそばを食べるわけ


今年もあと少しです。

皆さん年越しといえば、家族で囲んでの年越しそばではないでしょうか!


私は緑のたぬきで簡単にそばを食べることも多いですが


ではなぜ、年越しにそばを食べるのでしょうか。


その歴史は、鎌倉時代までさかのぼります。


鎌倉時代にお寺で年を越せない程に貧しい人々に「そば餅」というそば粉で作った餅をふるまいました。


すると翌年から、そば餅を食べた人々の運気が上がり、そば餅を食べれば良いことがあるという噂が広がりました。


それから毎年食べられる様になり、それが現在でいう年越しそばとなったそうです。



そして、現在の年越しそばに込められた意味は様々で



お蕎麦のように長生きできるように


・切れやすいお蕎麦のように不運を切り捨て、来年を幸運で迎えられる様に


・蕎麦は風雨にさらされても、日光を浴びると再び元気になることから、来年も無病息災でありますように。


という願いが込められています。


年末はしっかりと年越しそばを食べて、来年も健康で元気に仕事を一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク


posted by 今日の朝礼ネタ at 05:40| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
記事リンク