【朝礼ネタこれ!】〜今日の朝礼ネタはこれ、スピーチに困ったら〜 > 朝礼ネタ:最近のアーティストから学ぶ。時代にあったコミュニケーションを

2021年06月11日

朝礼ネタ:最近のアーティストから学ぶ。時代にあったコミュニケーションを

2AAAC6A5-E17D-4DCA-8F1E-CE31AD722DCE.png

朝礼ネタ:最近のアーティストから学ぶ。時代にあったコミュニケーションを

おはようございます。
近頃奇をてらった新進気鋭のアーティストが活躍していますが、「YOASOBI」「ヨルシカ」「ado」、この3組を皆様はご存知でしょうか。

YOASOBIは「夜に駆ける」、ヨルシカは「春泥棒」、adoは「うっせぇわ」などが有名ですね。知らない人はぜひ休憩時間に聞いてみてください。

それぞれ映画やCMのタイアップなど各方面で活躍されていますが、1つ共通点があるのですが分かりますか?

それは顔を公開していないもしくは元々は隠して活動していたという点です。

つまり「匿名性」があるということですね。

著名な音楽研究家はこれらのアーティストについて「オンラインコミュニケーションの日常化に伴い、誰が言うかではなく何を言ったかが重要になってきている」と評価しています。

これはコロナ禍でオンラインでのやりとりが増え、コミュニケーションの形も変化したということで、ビジネスの世界においても同じことが言えます。

今までは面と向かって雰囲気や喋り方でなんとなくニュアンスで伝えることが出来たかもしれません。

しかし、これからの時代、オンライン上の言葉だけで説明し、一言一句責任を持ってはっきりと話さなければ伝えることが出来ない場面が増えてくると思います。

時代に置いてかれないためにも、時代にあったコミュニケーションを学んでいきたいと思います。

スポンサーリンク


posted by 今日の朝礼ネタ at 12:43| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
記事リンク