【朝礼ネタこれ!】〜今日の朝礼ネタはこれ、スピーチに困ったら〜 > 朝礼ネタ:話すスピードも聞き手にとっては情報

2024年05月18日

朝礼ネタ:話すスピードも聞き手にとっては情報

2A7DD8DC-CF30-4601-8858-E17D9253404D.png
朝礼ネタ:話すスピードも聞き手にとっては情報

話すとき、「何を言うか?」ということを考えない人はいません。

しかし、「どのようなスピードで話すか?」ということに思いを致す人はあまり居ないかもしれません。

話の途中で話すスピードを変えるとき、聞き手が受け止めるメッセージに無頓着だと、人間関係がギクシャクしかねません。

公共交通機関の中で流されるアナウンスで、話すスピードが意外なほど大事だと、先日気づきました。

乗客への注意事項を伝えたあとで、「どこそこからのお願いでした」と締めくくったのですが、「お願いでした」のところだけが早口になっているのです。

そのため、お願いというのが空々しく響き、馬鹿にされているような印象が残りました。

話すスピードというのも、聞き手にとっては情報です。スピードを変える場合は、聞き手にどのように受け止められるかということを考えましょう。

新サイトへ移行中です。こちらもご覧ください
→最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

スポンサーリンク


posted by 今日の朝礼ネタ at 20:52| Comment(0) | 生活ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
記事リンク